デン氏の近場か海外の旅行記

国内外問わず、旅行や登山など様々な「出先での出来事」を綴るブログです。フィルムカメラとGoPro FUSIONを携えます。ノスタルジックな雰囲気が好み。

デン氏の近場か海外の旅行記

登山
海外旅行
カメラ
SITEMAP

【すべて解説】表銀座でテント泊(燕岳・槍ヶ岳登山) 〜駐車場所から全行程でかかった費用〜

スポンサーリンク

f:id:wkldpiqbl:20200911210133j:plain
燕岳から槍ヶ岳へ行き、
上高地へ抜けるという表銀座を縦走しました。
3泊4日の日程です。
ここでは車を停めた場所から
かかった費用、行程までまとめます。



登山行程と費用

トータル金額:11,750円

各日の金額内訳と行動時間

0日目 : 穂高駅駐車場(車中泊)

費用:高速料金


1日目

行動時間:4:30~8:30
費用:4450円

2100円(タクシー代)
1000円(テント代)
950円(ケーキセット)
400円(水2L)

2日目

行動時間:6:30~12:30
費用:1400円

1000円(テント代)
400円(水2L)

3日目

行動時間:5:15~8:30
費用:1900円

1000円(テント代)
500円(サイダー)
400円(水2L)

4日目

行動時間:5:30~16:00
費用:3320円

500円(アイスクリーム)
2500円(上高地~新島々駅)
320円(新島々駅~穂高駅)


装備と食べ物

装備

レインウエア:マウンテンハードウエア

防寒着:UNIQLOウルトラライトダウン


寝袋:finetrack ポリゴンネストグリーン


スリーピングマット:キャプテンスタッグEVAフォームマット


バックパック:グラナイトギアCROWN60


ヘルメット:ノーブランド


バーナー:プリムス ウルトラバーナー P-153


ウォーターサーバー:プラティパス プラティ2L


食べ物

コンビニおにぎり(1日目昼用)
アルファ米3食分(夜用)
棒ラーメン3食分(昼用)
フリーズドライ雑炊3食分(朝用)
鍋具材(1日目夜用)
フリーズドライ親子丼+焼き鳥缶詰(2日目夜用)
もつ煮込みパック(3日目夜用)
ナッツ類
アメ
グミ
コーヒー
ポカリスウェットの粉


車を停めた場所

f:id:wkldpiqbl:20200911211003j:plain
穂高駅駐車場に車を停めました。
ここでは公式に登山者も駐車できますし、
なりより無料なのです。

翌日に乗り合いタクシーで
中房温泉登山口に向かい、
最終日には上高地からバスと電車で
ここまで戻ってきます。

深夜0時過ぎに到着し、車内で仮眠をとります。



登山日記

ここからは実際に登山した
コースタイムであったり、
風景だったりをまとめていきます。

1日目 : 燕山荘まで

登山口まで(4時〜5時)

f:id:wkldpiqbl:20200911212608j:plain
早朝3時起床し準備。
良いテント場を確保するため
早めに登山口に到着したい。
乗合タクシーを捕まえに穂高駅へ。
タクシーの運転手としゃべりつつ
10分くらい待ってたら東京方面からのバスが到着。
交渉して乗合&中房温泉登山口へ。
30分くらいウトウトしてたら到着してました。

合戦小屋まで(5時〜7時30分)

f:id:wkldpiqbl:20200911213044j:plain
準備体操、トイレを済ませいざ登山!
時刻は5時過ぎ。
登山届はYAMAPアプリで事前に提出済み。

とりあえずずっと登りです。
ちょうど良いタイミングで休憩場所が
設置してあるから初心者にも安心。

北アルプス3大急斜といわれてるけど
そこまでかなーと感じました。
6kgの重りを持ってスクワットした効果があったのかな?笑


第1ベンチに5時30分
第2ベンチに6時ごろ
第3ベンチに6時30分に着きました。
息は少し上がるけどまだ平気。

f:id:wkldpiqbl:20200911213129j:plain
合戦小屋には7時30分くらいに着きました。
ここでひと休み。

燕山荘まで(7時40分〜8時30分)

10分くらい休んでから燕岳に向けて出発。
天気も良くて最高。

f:id:wkldpiqbl:20200911213208j:plain
途中で槍ヶ岳と

f:id:wkldpiqbl:20200911213217j:plain
富士山がキレイに見えました。


f:id:wkldpiqbl:20200911213224j:plain
ここで見える燕山荘は案外上の方にあります。
まだまだ遠くに見えて精神的に辛くなります。




f:id:wkldpiqbl:20200911213232j:plain
そしてそして遂に燕山荘テント場到着!
8時30分に着きました。
登山口から3時間30分でした。

燕岳まで

テントの申し込みをしてテント設営(1人1000円)。
3時起きだったのでお腹が空き、
まだ9時過ぎだったけど昼飯を作ることに。

f:id:wkldpiqbl:20200911213444j:plain
棒ラーメンが余っていたので
登山中の昼飯はすべてラーメンにしました。
具は乾燥野菜!これがうまい!

f:id:wkldpiqbl:20200911213456j:plain
燕岳はというと徐々に薄ーい雲が。
とりあえず行きます。
なんて言ったって時間はすごくあります。


f:id:wkldpiqbl:20200911213529j:plain
途中で雷鳥に出会いました。
かなり近い5m先くらい。いや本当に。


f:id:wkldpiqbl:20200911213542j:plain
猿もたくさん。


f:id:wkldpiqbl:20200911213550j:plain
そして10時30分に燕岳山頂に到着。
さてこれでこの日の目標は達成です。

到着後

それから5時間くらい
ぐっだぐだに過ごしました。
この時間が好きなんですよね。

f:id:wkldpiqbl:20200911213639j:plain
16時過ぎくらいのテント場。
案外空きがありました。
お盆空きすぐは空いてるのかも。

f:id:wkldpiqbl:20200911213826j:plain
夕日は微妙でした…。
雲があったせいかあまり赤くなりませんでした。

夕日まで見て明日に備えて寝ます。
この日は星空が見えませんでした。



2日目:ヒュッテ西岳まで

出発まで(4時30分〜6時30分)

f:id:wkldpiqbl:20200912200040j:plain
朝4時30分起床。
やはり雲が多い空。
日の出もこんな感じでした。
今日は午後から天気が崩れる予定。
崩れる前に西岳ヒュッテに着いていたい。


f:id:wkldpiqbl:20200912200113j:plain
ちなみに2着でした。
テントを片して6時30分前に出発。

大天井岳まで(6時30分〜9時30分)

f:id:wkldpiqbl:20200912200134j:plain
晴れ予定の午前は気持ちよく進める。
10分ほど歩いて振り返った
北アルプスの女王が美しい。


f:id:wkldpiqbl:20200912200151j:plain
7時15分ごろ、見渡しが良い場所に。
槍ヶ岳の頂上は微妙にガスっているのかな?


f:id:wkldpiqbl:20200912200209j:plain
8時30分、ハシゴを降りて階段を登る。


f:id:wkldpiqbl:20200912200248j:plain
この先にある分かれ道は大天井岳に向かうため左へ。


f:id:wkldpiqbl:20200912200305j:plain
なかなか辛い登り。
砂利道っぽくて歩きにくい。


f:id:wkldpiqbl:20200912200312j:plain
9時30分前に大天荘着。


f:id:wkldpiqbl:20200912200325j:plain
そこに荷物を置いて5分くらいで大天井岳頂上。
槍ヶ岳は雲の中。

ビックリ平まで(9時45分〜11時)

f:id:wkldpiqbl:20200912200410j:plain
大天井岳を下ります。
こっちも砂利で滑りそう。


f:id:wkldpiqbl:20200912200424j:plain
結構急です。


f:id:wkldpiqbl:20200912200431j:plain
10時30分前に大天井ヒュッテに到着。


f:id:wkldpiqbl:20200912200448j:plain
ここからビックリ平まで30分くらい。
気をつけます。


f:id:wkldpiqbl:20200912200458j:plain
この頃から天気が怪しくなってきました。
急がねば。


f:id:wkldpiqbl:20200912200506j:plain
比較的平坦な道を進むこと30分、
11時ごろにビックリ平に到着。

西岳まで(11時〜12時30分)

f:id:wkldpiqbl:20200912200521j:plain
これがつらかった。
精神的に疲れた。
11時30分ごろ。
この頃から「あの山を越えたら西岳見えるかな?」
とか無駄な期待を勝手に抱いていました笑
これが大失敗。(結構やってしまいます)
ちゃんと地図見るようにします。


f:id:wkldpiqbl:20200912200609j:plain
「あそこを曲がったら見えるかな?」
など思っているうちに精神的に疲れています。
歩けども歩けどもヒュッテ西岳は見えず。
今回の縦走で一番辛かった笑


f:id:wkldpiqbl:20200912200618j:plain
そして12時30分ごろようやく到着。
はあ、疲れた。
疲れたので西岳は後回し。

到着後

テント設営後(1人1000円)
即座に昼飯準備。
そのあとはしばし仮眠。
そしたらポツポツと雨が降ってきました。
そしてだんだん土砂降りに。
早く着いてよかった。

明日晴れるといいなと思いつつ19時頃就寝。



3日目 : 槍ヶ岳山荘まで

出発まで(4時〜5時15分)

4時起床。
朝日は期待していなかったので睡眠優先。


f:id:wkldpiqbl:20200912204150j:plain
5時15分頃出発。
お、槍ヶ岳が見えてる!
晴れ予報だし期待!

水俣乗越まで[東鎌尾根](5時15分〜7時)

f:id:wkldpiqbl:20200912204230j:plain
表銀座で1番の山場らしい東鎌尾根。
集中して望みます。
さっそくのハシゴ。
昨日の雨で滑りそう。
ゆっくり確実に。


f:id:wkldpiqbl:20200912204253j:plain
ここで槍ヶ岳に虹が!!!
昨日雨降って良かったーーー!!!笑


f:id:wkldpiqbl:20200912204301j:plain
振り返って下りたハシゴを確認。
この辺りからガスってきました。
7時頃に水俣乗越に到着。

槍ヶ岳山荘まで[東鎌尾根](7時〜8時30分)

f:id:wkldpiqbl:20200912204325j:plain
水俣乗越から10分も登ると晴れてきました。


f:id:wkldpiqbl:20200912204337j:plain
7時30分に残り1.3kmの地点。
ここから100mごとに数字があります。


f:id:wkldpiqbl:20200912204351j:plain
15分も登るとヒュッテ大槍に到着。
槍ヶ岳!かっこいい!
槍ヶ岳の全体を見るにはここかな。
あんまり近くだとただの岩だしね。


f:id:wkldpiqbl:20200912204404j:plain
15分間撮影を楽しむと徐々に雲が…
先を急がねば。


f:id:wkldpiqbl:20200912204412j:plain
8時30分前に残り100m。
かなりガスってしまった。


f:id:wkldpiqbl:20200912204419j:plain
ガスの中槍ヶ岳山荘に到着。


f:id:wkldpiqbl:20200912204430j:plain
1番着で槍ヶ岳が望める最高の場所、のはず…。
(1人1000円)

ガスのなか登頂

f:id:wkldpiqbl:20200912204519j:plain
昼飯を食べても
いくら待っても晴れないので
一応登ってみることに。
荷物がないので身軽。


f:id:wkldpiqbl:20200912204528j:plain
小槍も見えない。


f:id:wkldpiqbl:20200912204535j:plain
最後のハシゴを登る。


f:id:wkldpiqbl:20200912204542j:plain
期待通り。
20分弱待っても晴れる気がしない。
下りよう。

夕方の奇跡

f:id:wkldpiqbl:20200912204549j:plain
その後はテントでぐだぐだしたり、
槍ヶ岳山荘でコーヒー飲んだり、
夜飯も16時30分すぎに食べる。
晴れた槍ヶ岳を諦めかけた18時頃…


f:id:wkldpiqbl:20200912204605j:plain
晴れた!!!
これは登るしかない!!!


f:id:wkldpiqbl:20200912204613j:plain
興奮しすぎて10分で山頂へ。
(コースタイムは30分、マネしないでください。)


f:id:wkldpiqbl:20200912204631j:plain
もう最高。
山登り始めて1番感動した。


f:id:wkldpiqbl:20200912204646j:plain
テンションもおかしくなっていた。
晴れると期待してなかった分、
感動も大きくなりました。

満点の星空

f:id:wkldpiqbl:20200912204657j:plain
そのまま天気は良いままで星も綺麗に見えました。
なんだかんだ綺麗に見えたのはこの槍ヶ岳のみ。
曇も含めて大満足な1日。



4日目 : 上高地へ下山→穂高駅へ

出発まで(3時〜5時30分)

f:id:wkldpiqbl:20200912210207j:plain
5時起床。
最終日に1番綺麗な朝日でした。
他の日はまともに見れなかったですしね。
テントを片して5時30分頃下山開始。

槍沢ロッジまで(5時30分〜8時30分)

f:id:wkldpiqbl:20200912210220j:plain
下山します。
雲海が広がっていました。
あの雲に突入していきます。


f:id:wkldpiqbl:20200912210230j:plain
1時間も下って振り返れば
偉大な槍ヶ岳の全貌が。


f:id:wkldpiqbl:20200912210239j:plain
近くには残雪。


f:id:wkldpiqbl:20200912210246j:plain
これより先はこんな感じの坂道。
下りはラクラク。


f:id:wkldpiqbl:20200912210254j:plain
7時30分、谷に出る。
水が流れる音が聞こえる。


f:id:wkldpiqbl:20200912210301j:plain
それからすぐに分岐に出ました。


f:id:wkldpiqbl:20200912210309j:plain
7時45分、ここまで下りてきたかとしみじみ。


f:id:wkldpiqbl:20200912210316j:plain
8時前、槍沢ロッジのテント場に到着。
受付となる山小屋はここから1km弱。


f:id:wkldpiqbl:20200912210325j:plain
そして8時30分、槍沢ロッジに到着!
ここからは比較的平坦な道を進みます。

上高地まで(8時30分〜12時)

f:id:wkldpiqbl:20200912210342j:plain
うるさいくらいのせせらぎの音を背景に歩く。


f:id:wkldpiqbl:20200912210350j:plain
平坦な道はやっぱり楽。
だけど変化に乏しい。


f:id:wkldpiqbl:20200912210358j:plain
9時30分、横尾に到着。
水場があるー!
水が無料だー!


f:id:wkldpiqbl:20200912210404j:plain
10時30分、徳沢にて昼飯。


f:id:wkldpiqbl:20200912210411j:plain
11時、梓川の左岸を歩きつつ見上げる。
天気が良くてよかった。


f:id:wkldpiqbl:20200912210418j:plain
11時30分、明神館に。
やっぱり平坦だと景色的に飽きてしまう。


f:id:wkldpiqbl:20200912210426j:plain
12時過ぎ、河童橋まで100m。
やっと上高地だー。


f:id:wkldpiqbl:20200912210435j:plain
そしてようやく上高地に。
長かったー。
今回の日程で最長の行動時間。

穂高駅まで(12時40分〜16時)

上高地から穂高駅まで
直接行ける方法はタクシー以外ありません。


最安は、上高地からアルピコ交通のバスで
新島々駅まで行き(1950円)、
新島々から松本までアルピコ交通の電車(700円)、
松本から穂高駅までJR大糸線で行く(320円)方法
です。


上高地から松本まではバスと電車のセットで2500円でした。
↓詳しくはアルピコ交通のHPで↓



僕たちは12時40分のバスに乗りました。
10分前に窓口へ行っても乗車券を手に入れることができました。
ただ、乗車してみると半分埋まっているくらいで
そんなに混んでいない印象でした。


f:id:wkldpiqbl:20200912210548j:plain
そして時刻表通りの13時45分、
新島々駅に到着。

新島々駅14時5分の電車に乗り松本へ。
ICカードは使えなかったです。
セットで買えば関係ありませんが。

30分後の14時35分、松本駅に到着。
ここから穂高駅まではJR大糸線で向かうのですが、
1時間に1,2本程度しかないため
待ち時間に松本駅のお土産を
登山の格好で物色していました。

15時8分に電車に乗り、
15時40分、ようやく穂高駅に戻ってきました。
長かったー。


さいごに

3泊4日の縦走は今までで最長でした。
特に食べ物の選択で迷いました。
多めに持っていきたいけど重量が...。
なかなか難しかったですが
結果はちょうど良かったです。
いい経験でした。