デン氏の近場か海外の旅行記

国内外問わず、旅行や登山など様々な「出先での出来事」を綴るブログです。フィルムカメラとGoPro FUSIONを携えます。ノスタルジックな雰囲気が好み。

デン氏の近場か海外の旅行記

登山
海外旅行
カメラ
SITEMAP

ノルウェーの絶景 トロルの舌でテント泊 〜行き方や装備、コースタイムも〜

スポンサーリンク

ついに憧れのトロルの舌へ行ってきました!
しかも1泊2日でテント泊しました!

トロルの舌へのアクセスとテント泊の方法を紹介します。

「トロルの舌」がある場所

トロルの舌(トロルツゥンガ Trolltunga)は
ノルウェー西部のハダンゲルフィヨルド地帯にあります。

拠点となるのは南部のオッダという街です。

オッダまでは首都オスロからよりも
第二の都市ベルゲンからの方が距離的に近いので
ベルゲンから訪れる方が良いでしょう。
オスロからでもアクセスできます。

カタール航空は世界150以上の都市へ就航!

「トロルの舌」登山口までのアクセス

まずはベルゲンへ

ベルゲンへはヨーロッパ各国からの便が
多くあるので日本からでも1回乗り換えで来れます。

f:id:wkldpiqbl:20181117200540j:plain
ベルゲンには世界遺産ブリッゲンをはじめ
魚市場などさまざまな観光スポットがあります。
オッダへ向かう前に観光していくのもよさそうです。

ベルゲンからバスでオッダへ

料金

往復で542クローネ(学生)
当日しか買えないみたいでした。
クレジットカードは使えないと前日に
バスターミナルのオフィスで聞きました。

8時20分発、930番のバスで行きました。
乗り換えが無くて楽です。

時刻表はこちら
Skyssバス公式HP

移動時間

オッダまでは3時間弱です。

f:id:wkldpiqbl:20181106102700j:plain
バスはこんな感じ。
かなりゆったり。

f:id:wkldpiqbl:20181117200628j:plain
途中2度、バスごとフェリーに乗ります。
外の空気を吸いにバスから降ります。

オッダのホテル

オッダに到着するのは12時前の予定だったので
この日はオッダに泊まります。
泊ったのはHardanger Hotel

f:id:wkldpiqbl:20181117202202j:plain
登山口へ向かうタクシー乗り場から近く
登山用具以外の荷物も預かってくれるので
トロルの舌から帰ってきてからも楽です。

Hardanger Hotelの詳細・予約はこちら


オッダから登山口まで

料金

f:id:wkldpiqbl:20181106100951j:plain
オッダから登山口(Skjeggedal)までは
OddaTaxiの乗り合いタクシーで向かいます。
片道150クローネ

ちなみにレンタカーだと登山口に車を止めて行けばよいですが
駐車料金は1000クローネでした。
高いですね。

7月8月は大変込み合いますので
予約した方が良いです。

乗り合いタクシー予約はこちら
オッダタクシー公式HP

f:id:wkldpiqbl:20181117200720j:plain
タクシー乗り場から見た景色。

移動時間

30分程度で到着ですが
道が混んでいて1時間くらいかかりました。


テント泊装備

テント用具

・テント

・シュラフ(寝袋)とマット
・ガスバーナー類・食料と水


7月でも雪が残っているので
シュラフ(寝袋)は3シーズン対応のものが良いです。
夏の薄いシュラフは寒いです。

ガス缶はオッダでも購入できます。
水は汲める場所がある(湧き水)ので
そんなに大量に持たなくても良いです。

服装

・トレッキングシューズ
・行動着
・レインウェア
・ダウン(防寒具)



登っている時は暑いのでTシャツと短パンでも良いです。
登るのは序盤だけで徐々に平坦な道のりになるため
羽織るものがあると良いと思います。

また、7月でも雪が残っていたので
防寒着は忘れずに。



コースタイム

1日目

START〜1時間

f:id:wkldpiqbl:20181106100855j:plain
登山口です。
はじめのうちは森の中を登ります。

f:id:wkldpiqbl:20181106101014j:plain
30分で1km進む。
1kmごとに看板があるようです。
あと10km…

f:id:wkldpiqbl:20181117200832j:plain
1時間も登れば森を抜ける。

〜2時間

f:id:wkldpiqbl:20181117202322j:plain
ここからは登ったり下ったりです。
動くと暑いけど止まると冷える。
微妙な気温です。

〜3時間

f:id:wkldpiqbl:20181117200919j:plain
湖が見えてきました。
ここでもかなりの絶景。

〜5時間

f:id:wkldpiqbl:20181106102128j:plain
さらに2時間進むとどこからか声が聞こえる…
写真中央に小さーくトロルの舌が見えます。
ようやく見えた!
けど遠い…

f:id:wkldpiqbl:20181106102145j:plain
ここらへんから雪が増えてきます。
雪の上ゆっくりと歩く。
ちょっと疲れてきたな。

〜6時間

f:id:wkldpiqbl:20181117202537j:plain
だいぶ近づいてきました。
あとちょっと。

f:id:wkldpiqbl:20181117200954j:plain
そして登山開始から6時間、
ようやく写真で見たトロルの舌に到着!!!


ただ、めっちゃ混んでる!!!
時間はまだまだあるので先にテントを張ります。

テント泊

f:id:wkldpiqbl:20181117201053j:plain
テントはトロルの舌から少し登った場所に
平坦な場があったのでここに張りました。

ノルウェーの夏は深夜になっても
太陽が沈まないので明るい中寝ることになります。
明るいと寝れない人はアイマスクがあると良いかも。


2日目

f:id:wkldpiqbl:20181117201321j:plain
朝はあいにくの天気でしたが
トロルの舌はガラガラです。
他のテント泊の人は10人くらいでした。

f:id:wkldpiqbl:20181117202350j:plain
満足したので下山開始です。
雪道は下りの方が怖い。

f:id:wkldpiqbl:20181117202418j:plain
看板はありますが迷子になりそうです。
歩いた痕跡を頼りに進みます。

帰りは5時間で帰ってこれました。
電話でOddaTaxiを呼びます。
登山口には店があるので
スタッフにかけてもらっても良いです。

乗り合いタクシーではないので1台400クローネ
シェアできると良いです。


ベルゲンへ

f:id:wkldpiqbl:20181106112256j:plain
ベルゲンへ戻るのも行きと同じバス。
16時45分のに乗りました。

そして寝ていたらベルゲンに到着していました。
いやー良いトレッキングだったー。


おわりに

トロルの舌でテント泊をすれば
長いトレッキングも半分になり
体力的にも余裕が生まれます。
6時間かけて登って滞在時間30分
悲しいですしね。

もちろんごみはすべて持ち帰るなど
最低限のマナーは守りましょう

トロルの舌でテント泊、おすすめです。


ノルウェーへは安心の日本旅行で!