デン氏の近場か海外の旅行記

国内外問わず、旅行や登山など様々な「出先での出来事」を綴るブログです。フィルムカメラとGoPro FUSIONを携えます。ノスタルジックな雰囲気が好み。

デン氏の近場か海外の旅行記

登山
海外旅行
カメラ
SITEMAP

【冬も行けた】馬越峠から天狗倉山、おちょぼ岩まで日帰りルート

スポンサーリンク

三重県にある世界遺産 熊野古道 伊勢路。
数あるルートの中でも
人気が高い馬越峠はお気に入りで
これまで4度訪れました。
今回は道の駅海山に車を停めて
おちょぼ岩まで行ってきました。



基本情報

コースタイム

駐車場から馬越峠まで:60分

馬越峠から天狗倉山まで:20分

天狗倉山からおちょぼ岩まで:60分

おちょぼ岩から駐車場まで:180分


アクセス方法

馬越峠登山口までの
アクセス方法は下記のとおりです。

車で訪れるときには
道の駅海山の駐車場が便利です。
熊野古道の道中にはトイレがないので
ついでに寄っておくのが良いです。



馬越峠登山口にも
5台程度停めるスペースがあります。
道の駅から歩いて10分くらいです。


電車

電車でも訪れることができます。
最寄駅はJR紀勢本線 相賀駅です。
馬越峠登山口までは
徒歩で30分の道のりです。

電車の場合は登山後、尾鷲方面へ下りれば
尾鷲駅から帰ることができます。



装備

馬越峠の標高は300mちょっとです。
標高500mの天狗倉山まで足を伸ばしても
冬に雪が積もることは
あまりありません。
そのため冬でもある程度の
防寒着であれば訪れることができます。



トレッキング

馬越峠まで(1時間)

f:id:wkldpiqbl:20181112171111j:plain
道の駅 海山から車道に沿って歩きます。

f:id:wkldpiqbl:20181112171123j:plain
10分ほどで馬越峠登山口に。
ここから始まります。

f:id:wkldpiqbl:20181112171136j:plain
緩やかな上り坂を歩いていると早速 古道が。
世界遺産が始まる始まる。

f:id:wkldpiqbl:20181112171144j:plain
100m単位で数字が増えていきます。
尾鷲まで2.2kmということを示しています。

f:id:wkldpiqbl:20181112171216j:plain
観光スポットの夜泣き地蔵。
旗があるので見逃しません。

f:id:wkldpiqbl:20181112171227j:plain
すぐそばには石橋が。


この石ひとつひとつ運んで来たのかとしみじみ。
ロマンを感じますね、ロマンを。

f:id:wkldpiqbl:20181112171249j:plain
そして馬越峠に到着。
ベンチで一息つく。

天狗倉山まで(30分)

f:id:wkldpiqbl:20181112172239j:plain
尾鷲方面へ下りずに天狗倉山へ向かいます。
ここから急な登りが増えます。

f:id:wkldpiqbl:20181112171513j:plain
30分ほど登ると大きな岩が!
この上が天狗倉山頂上です。

f:id:wkldpiqbl:20181112171536j:plain
回り込むとハシゴがあるので登ります。
油断せずに慎重にいきます。

f:id:wkldpiqbl:20181112171545j:plain
ふーここが天狗倉山山頂!
木が邪魔して眺望は微妙かな

f:id:wkldpiqbl:20181112171557j:plain
ここの眺望スポットはハシゴ前の場所!
柵などはないので気をつけて。

f:id:wkldpiqbl:20181112171606j:plain
尾鷲市内が一望できます。
天気が良くて絶景。
熊野古道良い良い。


おちょぼ岩まで(1時間)

f:id:wkldpiqbl:20181112171258j:plain
天狗倉山からもう一つの眺望ポイントへ向かいます。
アップダウンを繰り返すこと1時間

オチョボ岩 - Spherical Image - RICOH THETA

おちょぼ岩に到着!
ここの眺望は尾鷲湾メイン!
どちらも捨てがたいなー。

馬越峠登山口まで(3時間)

そして来た道を引き返して下山します。
石畳はクッションがないせいか膝に痛みが…。
下りは滑るので余計にダメージが…。

熊野古道で緩やかな道だと思って
ナメて登らない方が良いと思いました