デン氏の近場か海外の旅行記

国内外問わず、旅行や登山など様々な「出先での出来事」を綴るブログです。フィルムカメラとGoPro FUSIONを携えます。ノスタルジックな雰囲気が好み。

デン氏の近場か海外の旅行記

登山
海外旅行
カメラ
SITEMAP

初心者が八ヶ岳最高峰 赤岳を目指す!硫黄岳山荘で1泊ルート

スポンサーリンク

9月9日〜10日に
南アルプス八ヶ岳 硫黄岳〜赤岳を縦走しました。

登山ルート

1日目

美濃戸口→美濃戸山荘→赤岳鉱泉→硫黄岳→硫黄岳山荘

2日目

硫黄岳山荘→ 三叉峰→赤岳天望荘→赤岳→行者小屋→美濃戸口


1日目

駐車場

駐車場は美濃戸高原ロッジの駐車場です。
1日500円なので2日で1000円でした。
合計で150台分駐車スペースがあるようです。



登山口から赤岳鉱泉まで(3時間)

f:id:wkldpiqbl:20181112174950j:plain
9:45に登山口に到着。
登山届けを忘れずに。


10:30美濃戸山荘を過ぎる。
ここから本格的な登山道へ。

f:id:wkldpiqbl:20181112175007j:plain
硫黄岳を目指す僕らは北沢へ進みます。


1時間歩いて沢に出たので休憩。
水が冷たくて気持ちいい。


12:30に赤岳鉱泉に到着。
ここでお昼にする。

硫黄岳まで(2時間)


13:00硫黄岳に向けて再スタート。


1時間比較的急な道のりを登ってくると
森林帯を抜け低木が生える開けた場所が。
硫黄岳頂上までもうすこし。


眺望もよく見える!
急に見晴らしが良くなったなー。


まだ登りはあるけど山頂まで近いと思えば足取りは軽く。


1時間ほどで硫黄岳山頂に到着!
山頂広いなー。

硫黄岳山荘まで(30分)

f:id:wkldpiqbl:20181113193707j:plain
中央に小さく見えるのが山荘です。
硫黄岳山頂から山荘までは30分くらい下りるだけです。
ただし浮石が多いので気をつけましょう。

硫黄岳山荘

テント場は?

テント場はありません。
全員山小屋に泊まる必要があります。

テント泊が良い方は赤岳鉱泉に泊まりましょう。

施設

f:id:wkldpiqbl:20181113193455j:plain
1階に食堂と共有スペースがあります。
2階が寝る空間です。

1階から下ればシャワーや
温水洗浄便座のトイレが備わっています。

f:id:wkldpiqbl:20181113193511j:plain
17時からの夕食。
ご飯・みそ汁はおかわり自由でした。
とても美味でした。



2日目

三叉峰まで(60分)


7:30硫黄岳山荘を出発。
行く手には厚そうな雲が…


15分も歩けば雲の中へ…


まだまだ雲の中でした。
晴れて欲しいなー。

赤岳まで(1.5時間)


寒いだけなので先へ急ぐことに。


8:45、あれ?ガスが薄くなってきた???


そしてちょうどいいタイミングで晴れた――‼
目の前には赤岳がそびえる。


気分も晴れてルンルンに進みます。
ルンルンすぎて写真撮ること忘れてた。

赤岳山頂 - Spherical Image - RICOH THETA

そして10:00に赤岳山頂制覇しました――‼
天気もいいし眺めも最高‼
硫黄岳とは違い、赤岳山頂は混みあいます。

行者小屋まで(80分)


下山をします。
前に見える高い山は阿弥陀岳。


急な坂を下ります。
滑らないように慎重に。
結構登ってきたんだなと再認識。


長〜い階段も下ります。
こちらからの登りは辛そうだな。


下り始めて1時間、行者小屋が見えてきました。


そして30分くらいで行者小屋到着!
お昼にしまーす。

美濃戸口まで(2.5時間)


ここから高木が増えて日差しを避けることができます。
アップダウンもそんなに激しくなく
ほどよいペースで進むことができます。


そのまま進めば1日目に来た
北沢・南沢の分岐点にでます。

あー疲れたー。
でも天気良くて良かったなー。