デン氏の近場か海外の旅行記

国内外問わず、旅行や登山など様々な「出先での出来事」を綴るブログです。フィルムカメラとGoPro FUSIONを携えます。ノスタルジックな雰囲気が好み。

デン氏の近場か海外の旅行記

登山
海外旅行
カメラ
SITEMAP

360度カメラ徹底比較!選び方とおすすめカメラ紹介

スポンサーリンク

360度カメラが気になっている方も多いと思います。
しかし、いざどの機種にしようかと考えると

形もさまざまでどれが良いの?

大きい方が画質はきれいなの?

そんなに高い機種じゃない方がいいけど...

と悩んでしまうかと思います。

そこでこの記事では360度カメラのスペック比較から
使用目的別の選び方まで解説していきます。

360度カメラについて

本体の表と裏にレンズがついているカメラです。
それぞれのレンズで撮影した写真を繋ぎ合わせることで
360度、全方位の撮影ができることが最大の特徴です。

全方向の景色をすべて撮影することができるため
その場の雰囲気をそのまま切り取ったり、
リトルプラネットと呼ばれるアーティスティックな写真を撮影できます。
https://www.instagram.com/p/BoWXEL1gdwU/
エジプトにもある白砂漠#BahariyaOasis #Giza #Egypt #360camera #Lifein360 #GoPro #GoProFusion


選ぶポイント

大きさ

あまり大きすぎると手軽に撮影できず、
持ち運びにも不便です。
一眼レフカメラなど他のカメラも持つとなおさらです。
そのためコンパクトな機種の方が良いでしょう。

写真の綺麗さ(画素数)

現在発売されている機種間で写真のキレイさは
正直なところ大きく変わりません。
画素数が大きな機種を優先するよりも
それぞれのレンズで撮影した写真の繋ぎ目(スティッチ)が
気にならない機種を選ぶ方が重要
です。
これは実際に撮影された写真を見るしかありません。

動画の綺麗さ

キレイな動画を撮りたいと考えているならば
4K以上のスペックが必要です。
360度カメラで撮影した動画を見る時には
4Kで撮影した場合でも実質は1/4くらいの解像度になってしまいます

360度に引き伸ばしてみるような形になるからです。

バッテリー

日常で使い分には内臓バッテリーで十分です。
しかし長期登山など途中で充電が難しい場合では
予備バッテリーを持っていける
バッテリー着脱式が良いでしょう。

メモリ

360度写真や動画の容量はかなり大きいです。
そのためできる限りメモリが大きい機種が良いです。
microSDで記録できるタイプは
最大256GBまで記録できるのでおすすめです。


比較製品

Ricoh Theta V


Ricoh Theta S


Ricoh Theta SC


GoPro fusion


Garmin VIRB 360


Insta360 ONE X



比較してみた

360度カメラスペック比較表


360度カメラの選び方

お試し感覚で使ってみたい

選ぶポイント

価格の安さ
コンパクトさ

初めて360度カメラを購入する

今後使い続けるか分からないけど試しに買ってみる

そんな方にはお手頃な価格で購入でき、
コンパクトで持ち運びが便利で、
気軽に撮影できる機種が良いでしょう。

屋内・室内で使いたい

選ぶポイント

写真の繋ぎ目の綺麗さ
手で直接持って撮影できる

それぞれのレンズで撮影した写真の繋ぎ目のことをスティッチと呼びます。
室内で使用するならば比較的近い距離で撮影しても
スティッチが気にならないものを選ぶ必要があります


実は360度カメラの品質を左右するのも
このスティッチ部分です。
レンズの側面で撮影してうまく繋ぎ合わせられていないと
かなり気になってきます。

おすすめ機種


動画メインで使いたい

選ぶポイント

動画のきれいさ
ブレ軽減
メモリ容量

360度カメラで最高品質の動画を撮影し続けると
メモリ容量がかなり多くなっていきます。
動画自体のキレイさも もちろん大事ですが
メモリ容量が大きなものを選ぶべきです。
記録媒体が内蔵式だと不足する場合もあります。

おすすめ機種


アウトドアに使いたい

選ぶポイント

ブレ軽減
バッテリーが着脱できるか
防水

登山などの泊りがけのアウトドアをする場合は
予備バッテリーを持っていける、
バッテリー着脱式の機種が良いです。
また、突然の雨や水中撮影にも対応できる
防水のものが良いでしょう。

おすすめ機種


タイムラプスメインで使いたい

選ぶポイント

バッテリーが着脱できるか
メモリ容量
防水

タイムラプスは長時間撮影になりがちで
1つのタイムラプスを撮影するとバッテリーがかなり消耗します。
よって予備バッテリーを持参できる
バッテリー着脱式の機種がおすすめです。

おすすめ機種



まとめ

一昔前までは360度カメラといえば
RicohのThetaしかありませんでしたが
現在はいろいろなメーカーから発売されています。
さまざまなスペック、価格帯の機種があるため
迷うかもしれません。
そんな方はこの記事を見て参考にしてみてください。