デン氏の近場か海外の旅行記

国内外問わず、旅行や登山など様々な「出先での出来事」を綴るブログです。フィルムカメラとGoPro FUSIONを携えます。ノスタルジックな雰囲気が好み。

デン氏の近場か海外の旅行記

登山
海外旅行
カメラ
SITEMAP

最新のウズベキスタン旅行基本情報〜ATMやSIMなど〜

スポンサーリンク


ビザが必要なくなったウズベキスタンに行きました。
2回目です。
再訪の理由はタシケントの地下鉄撮影と
アラル海の船の墓場を訪れるためです。

まず初めにウズベキスタン旅行の基本情報をまとめます。

日程

1日目:ウズベキスタン入国
2日目:タシケント
3日目:サマルカンド
4日目:サマルカンド
5日目:ヒヴァ
6日目:ヒヴァ
7日目:ヌクス
8日目:アラル海
9日目:ウズベキスタン出国


タシケント空港が新しくなっていた!


以前までタシケント空港は世界でも有数の
低評価空港として有名でした。
以前訪れた時には預け荷物が出てきたのが2時間後など
かなりイライラしたのを覚えています。

今回も少し心配していましたが、
空港自体が新しくなっていたこともあり
特に待たされることはありませんでした。


空港でのキャッシング情報

ウズベキスタンに入国した時の到着ターミナルは2です。
僕が到着したのが朝の7時だったせいか
両替カウンターはまだ開いてませんでした。

預け荷物を待っている間、
見つけたのがVISA対応のATMです。
(空港内の写真撮影はできません。)
当たり前ですがちゃんと使えました。
引き出せる通貨は米ドルかスムが選べました。

闇両替と公定レートが統一されたので
ここで多く引き出しても良いと思います。
最大紙幣が100,000スムになっており
ATMから出てきた紙幣も50,000スムだったので
昔ほど財布はパンパンになりません


タシケントでVISAで引き出せるATMはタシケント駅内などかなり限定的でした。

サマルカンドやヒヴァなど観光地でも見かけました。
MASTER対応のATMはヒヴァでのみ見かけました


ウズベキスタンSIM情報

ウズベキスタンのSIM会社は3社あります。
そのうちBeelineを使用しました。
外国人はセンターオフィスで購入しなければなりません。
場所はティムール広場のホテル・ウズベキスタンの裏手にありました。


旅行者用のSIMがあり、30日間有効で
か通話なし4GBのプラン
のみありました。
少し高く95,000スムでした。

通信状況は都市部では問題なく使えました。
地下鉄は圏外、建物内に入ると少し遅くなります。


レジスレーションは健在

ビザが必要なくなったウズベキスタンですが、
どこに滞在したかを確認するための
レジスレーション登録は健在しています。
ホテルからもらう小さな紙を無くさないようにしましょう。

夜行電車を使う場合はチケットで代用

タシケントからヒヴァへ向かう場合など
夜行電車を使うこともあるでしょう。
その時のレジスレーション登録は
電車の切符で代用できます。
切符は一度回収され、下車時に返却されますので
忘れずに受け取りましょう。


さいごに

ビザが不要になったりATMキャッシングができるようになっていたことなど、ウズベキスタンへの旅行がますます手軽にできるようになりました。
次の記事ではタシケントの地下鉄についてまとめます。